過去に借り入れがあると住宅ローンの審査に影響する?家族バレは?

キャッシング・消費者金融・カードローン

キャッシング利用中で、これから住宅ローンを契約する。

もしくはその予定がある人はいませんか?

気になるのが、キャッシングの利用がバレないかという点ではないでしょうか。

住宅ローンとキャッシングも密接な関係にあり、年収の1/3まで利用している、銀行カードローンの利用がある場合には注意が必要となります。

その場合はどうなるのか検証していきます。

今回は住宅ローン契約予定の人必見、どのように消費者金融の借り入れが扱われるのか確認をしていきます。

プロミスの審査について

住宅ローンと消費者金融の関連性とは

銀行で住宅ローンを組むとき、キャッシング利用がある場合には、完済して解約まで手続きをしてほしいと銀行に言われるケースがあります。

これは、住宅ローン審査において、債務比率調査をされているからです。

住宅ローンの返済金額を計算する場合、全てのローンの返済額を計算して、債務超過にならないようにする方法がとられています。

担保も取って、返済金額もしっかり調査するのは銀行ならではです。

そのため、利用中のカードローンがあれば、住宅ローンの頭金に入れる予定の金額をキャッシング返済に回さないと、契約不可となることが多いです。

完済が終わっていれば問題はありません

住宅ローンの審査は、銀行の子会社が時間をかけて、信用情報の内容を確認します。

  • 消費者金融の借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング
  • ローン返済中のもの

利用中のものは完済、解約証明書を取ってくるように指示されることが多々あります。

しかし、解約中のものはすでに終了しているので何も言われません。

信用情報センターの情報は、完済したものも含めて確認をすることができますが、終わっている部分に注文を付けられても、どうすることもできません。

怖いのは家族バレ

プロミスをはじめ、消費者金融の利用は、友人や同僚に話せても、家族に話すことはなかなかないようです。

住宅ローンの審査段階で、家族にプロミスの利用がバレることが多いのも事実で、完済しなければ融資決済は下りないと言われることもあります。

年収が600万円、700万円を超えるような高額であれば、カードローンを完済しなくても審査に通るかもしれませんが、通常は完済を指示されるケースが多く、このときに家族に利用がバレてしまうケースが大半です。

プロミスと金融事故情報

消費者金融利用の全般的に言えることですが、カードローンは便利で簡単に契約できる反面、事故情報も出やすいものになっています。

プロミスを含める消費者金融が加盟している信用情報機関はJICCになりますが、クレジット情報のCICとも情報交流をしており、信用情報が透明化されています。

任意整理などの法的手続きをしなくても、延滞だけで簡単に事故情報が報告されますので注意が必要になってきます。

延滞に注意

どうしても返済が難しいときは、返済を待ってもらうこともあると思います。

この延滞は、90日を超えた時点で延滞事故情報として報告することが義務になっています。

これは事故履歴として情報に残り、5年間消えないものになるので注意が必要です。

当然ながら、延滞が解消されれば延滞情報も抹消されるのですが、正式に言うと抹消ではなく、延滞を打ち消す事故情報に上書きされるというイメージです。

延滞時には「延滞」という情報、解消されたら「延滞解消」という報告がされるのです。

この「解消」の情報を、事故情報として扱うのか?事故扱いにしないのかは保証会社の見解による部分があります。

この延滞解消が、5年間信用情報から消えることはありません。

この個人信用情報を保証会社が審査するときに、どのように判断するかで住宅ローンが組めなくなる可能性も出てくるということです。

このような理由もあるため、カードローンの利用は返済期間を短く、給料日には利用した分を全て返済するような利用方法がよいと考えられています。

どうしても借入額いっぱいまで利用していると、不測の事態に対応困難となることもあるからです。

金融取引は慎重にしましょう

キャッシングの借金で、住宅ローンが組めない事態となれば愕然とするでしょう。

キャッシングをすることがいけない、という訳ではなく利用方法は充分注意を払う必要があるということです。

まとめ

過去のキャッシングの利用を確認しようと思えばいくらでもできますが、過去の取引まで確認をしてくる銀行は少ないと考えられます。

もし、何かを言われたとしても、カードが残っていれば解約の手続きをしてください、という話でおちつくでしょう。

住宅ローンの審査の場合、過去取引分よりも現在利用の方が問題となります。

毎月の返済金額が生活費を圧迫しないか、という返済能力調査をする際にローン利用分の金額を全て合算した金額で返済金額を計算するからです。

これから住宅ローンを契約する予定がある人は、少しずつ返済に力を入れておく方が無難だと考えられます。

キャッシングは、不足している部分を補填するだけにとどめて、できるだけ短期間での利用にしましょう。

それが不可能な状況なら、月々の給与か毎月の生活費に問題があるケースが多いので、家計を見直してみるのも良い方法だと考えられます。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。