キャッシング・カードローンは在籍確認(本人確認)なし?電話はあるの?

キャッシング・消費者金融・カードローン

消費者金融でキャッシングの契約をする際、在籍確認という、本人が働いているかどうかの確認を電話でします。

連絡は担当者の個人名で入りますので、アコムやプロミス、モビット、アイフルという社名は一切名乗らず「私○○と申しますが、そちらでお勤めの○○さんをお願いします」というような連絡です。

このような連絡が問題ない方なら大丈夫でしょうが、個人名での連絡でも困るという方もいるはずです。

 

在籍確認の連絡で、職場内でヒソヒソと噂話をされてもイヤですし、できることなら在籍確認の連絡は避けてもらいたい。

そんな方必見です。

在籍確認を回避する方法はあるのでしょうか?

なぜ、在籍確認が必要なのかも含めて在籍確認が必要な理由を検証していきます。

在籍確認が必要な理由

消費者金融の審査は、必ずしも収入証明(年収証明)が必要というわけではありません。

全く初めての契約であれば、免許証1枚あれば契約できてしまうのです。

このような理由から、勤務先の情報も基本的には本人からの申告のみに頼っているという状況なのです。

 

では、どのような方法で本人が働いている確認をするのでしょうか?

そうなんです、在籍確認なのです。

銀行で住宅ローンや、自動車ローンを組もうとすると必ず収入証明が必要になります。

 

考えてみてください。

今この場で30万円の融資可能ですが、すぐ源泉徴収を持ってきてもらうか、勤務先に私の個人名であなたが働いているかの確認をさせてもらえれば、源泉徴収の代わりにしますよ。

こう言われた場合、どちらを選択しますか?

在籍確認は収入証明の代わり

このような理由から、在籍の確認をしているのです。

しかし、アコムやアイフル、プロミス、モビットなど消費者金融会社・銀行カードローン会社の名前で会社に連絡が入ると、なぜ電話が架かってきたのか、理由が会社の人にわかってしまいます。

 

そのために個人名での連絡が伝統化しており、今も継続されているのです。収入証明の代わりに電話連絡があると考えると、「なるほどな」と感じませんか?

 

消費者金融はスピード審査を売りにしていますので、仕事の帰りにプラっと寄った方で、収入証明を持っていない方でも契約できる内容に審査を簡略化しています。

収入証明が必要なケースもあります

ちなみに現在、貸金業法(改正貸金業法)の法律の内容になります。

  • 1社で50万以内の限度額
  • 総額の借入額が100万以内

これ以上の借り入れに関しては、原則収入証明が必要になります。

 

貸金業法の総量規制による年収の1/3以上の借り入れに関する問題で収入証明が必要なケースもあります。

今回の在籍確認とは、話の内容が変わってきますので、借り入れ金額が高限度額になったり、上記ケースにひっかかると収入証明も必要になってくると思ってもらえればここでは大丈夫です。

在籍確認(本人確認の電話)を回避する方法!?

在籍確認を回避する方法はあるのでしょうか?

今までの内容に反するような話になってきました。

 

それがあるんです。

正しく言うと、各会社の設けている基準に合致していれば、在籍確認の連絡をしないで契約をしてもらえるという方法になります。

その内容を確認していきます。

 

先述のとおり、在籍確認は収入証明書の代わりという説明をしてきました。

そこは変わりません。

 

  • 会社から発行された最新の給与明細書を持参している
  • 社会保険などの、会社から発行されている保険証の持参
  • どうしても電話連絡は困る旨を伝える

 

これらを見てもらえると、勤務先に在籍していなければ、取得できない書類であるということがわかりますよね。

 

これらの書類があれば、在籍確認の代わりにします。

このような、対応をしてくれる消費者金融が増えました。

直近の給与明細は働いてないと取得困難ですし、社会保険証、組合保険証は退職の時に返却するのが原則です。

 

会社から給与明細も簡易的なもので、国民健康保険を利用している方もいるでしょう。

その場合は、審査の段階で在籍確認なしで契約が可能か事前に確認をしてみるといいでしょう。

確認の代わりになるものの提示があるはずです。

その条件をクリアできれば、勤務先に連絡もなく対応してくれる可能性があるはずです。

各会社の対応次第ですので、契約前に気になることは、確認しておくのが賢明です。

まとめ

本来であれば収入証明書が必要ですが、その代わりにキャッシング(消費者金融)の契約の審査時間を軽減、利便性を重視して、収入証明書の代わりに在籍の確認で勤務している事実を確認しているということです。

これを収入証明に変更して契約をするのであれば、契約自体が面倒、契約できないという方が多数出てくるはずです。

 

勤務先に在籍の確認をされるのがどうしても困るという場合には、消費者金融会社は柔軟な対応をしてくれるはずですので、審査前に確認をしましょう。

前もって、勤務している会社から発行されている直近の給与明細書か保険証を持参することにより、スムーズに手続きが進む可能性があります。

 

消費者金融会社より審査が厳しい銀行カードローン会社やクレジットカード会社の中には本人の確認は一部、在籍の確認なしで審査をする会社もあります。

申し込み前に確認をしてみて、安心した上で審査に臨みましょう。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。