モビットのweb完結とは?モビットだけの驚異的なサービス

キャッシング・消費者金融・カードローン

消費者金融・キャッシングや銀行カードローン(ローンカード)の申し込み、審査、契約は便利なものに進化していっています。

銀行カードローンとは三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローン、東京スター銀行カードローン(おまとめローン/乗り換えローンもあり)などの銀行系カードローンです。

数年前までは、消費者金融の申し込みといえば、店頭窓口や自動契約機に行くのが一般的でした。

ここ数年、ネットでの申し込みが主流となりつつあり、ネット申し込み、借り入れが可能となっています。

Web申し込みというサービスをご存知でしょうか?

このサービスとは通常のネット契約より、はるかに進んだ革新的なサービスなんです!

ネット申し込み(Web契約)と比べても似て非なる、この2つの申し込み方法、その違い、便利さを比較していきましょう。

ネット申し込みでも楽なのに、web完結でさらに便利に!?

  • 女性の場合、お金を借りたいけど、消費者金融の契約機に入るのは気が引ける
  • 地元には近くに自動契約機は1つしかなく、近所の目があるので入りにくい
  • 地方や離島に住んでいて、近くに自動契約機がない

さまざまな事情はあるでしょう。

このような場合にネット申し込みよりも、簡易で便利なサービスを開始したのがモビットです。

実はweb申し込みと、ネット申し込みは混同されることがあるのですが、実際は違うサービスと考えてもらった方がいいでしょう。

ネット申し込みの流れ

ネットで申し込みをしてから、消費者金融の連絡を待ちます。

審査のために電話連絡がきて、ヒアリングによる仮審査。

審査後は本人確認書類というような免許証、これをファックスか写真に取ったものと、申込書を郵送して、消費者金融に送ります。

審査が問題なければ、当日契約、即日融資も可能、自分の銀行口座に現金が振り込みで入金されて借り入れがスタートという流れです。

流れに違いがあるものの、このような形式で進んでいき、早ければ当日の融資可能というようにどこの消費者金融も宣伝をしています。

web完結の場合は?

いくつかの条件があり、この条件をクリアしている必要があります。

また、今回説明するweb申し込みはモビットが提供しているサービスを元に内容を説明していきます。

条件について

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を事前に持っている
  • 本人確認書類は免許証か、パスポート
  • 収入を確認できる源泉徴収票(最新のもの)などの収入証明書が手元にある
  • 会社から社会保険か組合保険が発行されていて手元にある
  • 給与明細(最新分)が手元にある

この全ての条件を満たす必要があります。

1つでも満たない場合は通常のネット申し込みとなります。

条件が厳しい方はネット申し込みになると思いますが、その場合でも最短当日融資可能ですし、カードも早ければ、翌日自宅に届きます。

メリット盛りだくさん

  • 電話による途中審査不要(ヒアリングなし)
  • 電話連絡なし
  • 審査終了まで最短30分 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 自宅への郵送物なし
  • カードレス取引(モビットカードの発行なく取引はネットを利用して入出金)
  • 連絡はメールによる結果連絡のみ

この内容は正直反則と言っていいでしょう。

申し込みの条件は厳しいものの、理想の審査、契約ではないでしょうか?

必要書類の中に審査の内容が含まれている

条件が多いweb申し込みですが、内容を確認してみると、実に利に叶った申し込み方法といえます。

本人確認、勤務先確認、年収確認の全てが一度にできてしまうという方法です。

しっかりと確認される部分は信用情報センターの部分になっており、他社利用件数や利用金額に問題がなければ契約が可能となる可能性は極めて高いものになると考えられます。

本人確認が済んでいる

貸金業者が一番嫌う契約を知っていますか?

替え玉(第三者の別人契約)なんです。

本人でない人と契約をしてしまうと、その事件が終了するまで時間がかかりますし、詐欺などの場合には大変な労力を使います。

一番彼らが怖がっている契約は替え玉です。

銀行口座があることにより、本人確認は終了しているとみなすということです。

モビットは設立当時から、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、プロミスの間でキャッチボールをされたという経緯もありますので、両銀行の口座の内容ができるのではないかと考えられます。

このため、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要とされています。

すでに本人確認が終了しているため、送られてきた免許証と整合性を取り問題がなければ本人確認は終了となります。

在籍確認、収入確認

会社から発行される保険証は通常、退職と供に返却となります。

また、直近の給与明細が必要ということは最近まで勤務していた証となりますので在籍確認の代わりとしているのです。

年間の源泉徴収も提出しなければならないため、50万円超の契約もその場で締結をすることが可能となります。

このため、電話連絡なしでも勤務の確認としているのです。

電磁的記録により郵送物不要で契約OK

聴き慣れない言葉かもしれませんね。

これは、貸金業法による(モビットは消費者金融の部類)電磁的記録の交付により交付を不要にしています。

通常、契約には契約書を取り交わさなくてはならない、という常識がありますよね。

この部分は変わりません。

携帯のカメラ機能で撮影した免許や源泉、出力された申込書を撮影の上アプリで送れば、その書類を電磁的に保管しておけば良い、という法律の規定があるのです。

このために郵送に寄らず、一方的にこちらから書類を送付すればそれでよく、控えを交付する必要もなくなってくるということです。

まとめ

このように、モビットのweb申し込みは他社との差別化を計った最新の契約方法であると言えます。

ネット申し込みでも大変便利になっているのに、web申し込みを利用するだけで、気になる在籍確認や郵送物、これらの問題を一気にクリアできるという優れた商品です。

このサービスが開始されてから他社で追随する動きはないものの、今後の消費者金融の契約方法がさらに進化していく、きっかけとなっていることは間違いありません。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。