消費者金融のWEB契約とは?審査内容や審査時間、在籍確認は?

キャッシング・消費者金融・カードローン

消費者金融・キャッシングのweb申し込み(WEB契約)は、かなり一般的になってきました。

スマートフォンの普及が進み、自宅にパソコンがない人でも、携帯から手軽にネットを利用できる環境が整っています。

審査内容は来店の場合と同様の審査を行っており、来店不要で契約可能(借入可能)というところが大きなポイントといえます。

消費者金融での申し込みの場合、即日現金が必要というニーズが多いため、自動契約機での契約もまだまだ多い状況ですが、若い方を中心にネット契約が広がってきています。

大手消費者金融をはじめ、ネット契約を取り扱っていない業者はいない状態となっており、どこでもネット申し込み可能になっています。

各社により、契約までの流れに相違がありますが、おおよそどのような流れで進んでいくのか見ていきましょう。

審査内容は同じです

ネット契約の大きなポイントは来店不要、待ち時間を拘束されないで済むというところが大きなポイントになっています。

しかし、申し込みをしたら何もせずに契約が完了になるわけではなく、本人確認書類の提出、申込書の記入、在籍確認、ヒアリングによる審査、融資という流れになっていきます。

都合の良い時間に申し込みをして、空いている時間に手続きをすれば、忙しい現代人でも仕事の合間に契約ができるという、とても便利なサービスになっています。

本人確認書類、申込書の提出はファックスかアプリ

以前はファックスのみでのやり取りでしたが、スマートフォンの普及が進み、運転免許証などの本人確認書類(身分証明書)、収入証明書類等の必要書類をアプリで提出することが可能になっている会社が多いです。

ファックスの場合、自宅に設置がなくても、コンビニのコピー機が複合機になっていますので、コンビニからファックスを送ることが可能です。

仕事をしながら、合間に審査を受けるというような方法で、会社からファックスを送ることが可能であれば、手間に思うことはないでしょう。

審査時間は最短30分、即日借り入れ可能

仕事をしている時間は全く電話で話すことができないという場合を除き、審査の電話を受けることが可能であれば、当日契約が可能となるケースが非常に多いです。

借り入れに関しては、自分の銀行口座に振り込んでくれるので、仕事帰りまでに現金が銀行口座に振り込まれていることでしょう。

審査の連絡、在籍確認

ローン審査の連絡や在籍確認ですが、これは会社により対応が変わることが多いようです。

審査結果が電話でのみとなるケース、メールで回答としている会社があります。

また、審査前に確認事項がある場合に携帯に連絡が入るケースもある(勤務先に連絡が入るケースもある)ようですので、当日現金が必要な場合は、予定が狂ってしまう可能性もあるので、申し込み前に連絡があるのか確認をしておく必要があるでしょう。

急いでいる場合は、その旨を伝えることで早めに審査をしてくれる会社も非常に多いです。

審査は電話での接点も必要

会社ごとになりますが、1度は本人と話をしたいと考えているところもあるようです。

接点を取る必要があるのか?メールだけの回答で即日融資が可能なのか?

明確に確認をしておいた方がトラブルを防げるようになります。

在籍確認

在籍確認の連絡は通常どおりに行われます。

アコム、プロミス、モビットというような大手会社でも、担当者の個人名による確認の連絡が入ります。

この点にも不安があるようなら事前に確認をしておくことが必要となります。

即日借り入れ、カード発行

審査が通れば、借り入れになります。

本人名義への振込みによる方法か、当日自動契約機でカードを受け取り、その場で現金を引き出す方法が主流になっています。

カードの受け渡しに関しては、後日自宅に郵送される方法、自分で受け取りに行く方法があります。

必ずしも選べるというわけではなく、ここも会社ごとの対応により変わってきますので確認をしておくべきポイントとなります。

ネット申し込みは銀行カードローンが主流!?

ネット契約の流れは上記のものと同様です。

流れはほぼ変わりませんが、この方法で利用をしている方は、消費者金融より銀行ローンを利用されている場合が多いのです。

即日融資が難しくても金利が安い

三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローン、東京スター銀行カードローンなど銀行系の銀行カードローンで即日借り入れができる銀行はまだまだ数が限られています。

しかし、はじめの利率が14.6%からスタートする銀行ローンも多く、こちらの申し込みをファーストカードにする方も増えてきています。

審査に時間がかかるのと、郵送などによるカード発行が多いため借り入れは後日となることが多いのですが、銀行の安心と利率で選ぶということも多くなっています。

またネット申し込みでの契約がほとんどを占めており、来店での契約不可というところから、申し込み方法が制限されている状態ではありますが、低金利の方が良い!という声も大きく、最近では消費者金融に申し込みをするより銀行カードローンを利用しているケースが非常に多くなっています。

まとめ

来店不要のネット申し込み(WEB契約/WEB申込み)は、大変便利です。

自動契約機と同様の審査も受けられることと、時間の拘束がない、結果はメールで知らせてくれるという点から、今後さらに便利になっていくことでしょう。

消費者金融のスピーディーな審査を選ぶか、利率の安い銀行ローンを選ぶかが今後の焦点になってくるでしょう。

自分に都合の良いサービスを選ぶことが重要でしょう。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。