カードローンで限度額の増額は可能?増額には審査がある?増額の4つの条件とは?

キャッシング・消費者金融・カードローン

消費者金融では、取引の実績に応じて限度額の増額手続きが可能です。

50万円までの増額(利用枠の増枠)の手続きであれば、収入証明は不要で、ネットや電話だけで枠の切替ができる可能性もあります。

しかし、同じ限度額で契約をしたとしても、増額ができる人とできない人に分かれます。

これには明確な理由があるのです。

いつでも限度額が必要なときに増額できる人と、断られる人には大きな違いがあります。

この違いがわかっていれば、増額の審査は比較的容易に通ると考えられます。

審査内容を誰でもわかるように4項目に分けてあります。

どのような仕組みになっているのか検証していきましょう。

50万円までは比較的簡単に増額可能です

新規契約の限度額が50万未満であれば、増額の際に収入証明は不要で、増額の審査を受けることが可能です。

50万円までというのは、1社で収入証明書が不要と貸金業法で定めている上限です。

増額は、10万単位で50万円まで増額していく傾向が強いです。

稀に急激に高限度額ということもあるようですが、基本的には10万円単位が多くなります。

増額には審査があります

比較的簡単に増額が可能という説明をしましたが、それでも審査があります。

満たす条件(審査基準)は4つあり、この上限が1つでも揃っていなければ増額は困難となるでしょう。

1.契約から半年以上利用の実績がある

会社ごとの審査となりますので必ずとは言えませんが、ほとんどの消費者金融が新規契約から半年を1回目の増額可能時期としています。

この間の取引実績が良好であれば、増額が可能になります。

良好といっても、難しいことではなく、中期の延滞、他社借り入れ金額が急増していなければ良好な取引と言えます。

延滞さえなければ、良好な取引と言えるのです。

2.他社借入件数、金額が急増していない

この部分も会社ごとの判断にはなりますが、消費者金融やクレジットのキャッシングというような貸金業者、これらの借入の件数が3件以内なら増額の対象となります。

4件以上となると、増額対象から外れてくることが多いです。

新規契約時には、4件以内で契約になっているはずですので、半年の間に借入を起こしていなければ問題はないことが多いです。

3.申告の年収が総借入額の1/3を超過している

年収100万円の場合、借入額の上限は全ての借入額で33万円になります。

年収300万円の場合は、100万円が上限となり、総額100万円までは収入証明不要です。

単純に年収を3で割った金額が借入上限となります。

年収金額が常に借入額の1/3を超過している必要があります。

消費者金融は、50万以下の増額の際もこの部分を確認しており、審査の段階で年収が1/3以下となる場合、審査落ちとなることがあります。

4.信用情報に事故が出ていない

新規契約時に事故情報が出ていないため契約になっています。

半年の間に、延滞等の事故情報が出ていなければ審査が可能となります。

返済実績(返済状況)が良ければ、返済能力があると判断され、問題ないということですね。

信販系ローンの返済は滞った時点で督促をしてこない会社もあり、分割払いで物品購入したものが延滞となり、事故になることが実はすごく多いのです。

事故が出ると、信用情報の回復には時間がかかりますので、返済時は細心の注意を払う必要があります。

これら4点が増額に必要な要件となります

取引時に気をつける部分としては、延滞くらいなもので、普段どおりに利用していれば増額の手続きが可能となる可能性は極めて高いです。

反対に上記の4点が1つでも欠くと増額の手続きは困難となります。

消費者金融から電話で増額の案内連絡、メールが一切ない場合にはどこかにひっかかっている可能性があります。

増額のタイミングと手続きは?

新規契約時から半年というのが一般的です。

最近の増額方法は、メールサービス等に登録をしておけば、増額が可能なタイミングで、増額希望の方はお手続きくださいという旨の内容のメールが届きます。

会員ログインをしてネットで手続きをすると30秒程度で増額終了というものが多いです。

切替が終了すれば、そのままカードでいつもどおりに利用できるようになります。

ネットを利用していない方でも、携帯に増額可能な旨の連絡が入り、携帯電話で切替が可能になりました。

枠切替の希望を伝えれば、審査の上、電話で切替が可能です。

所要時間は5分から長くても10分前後で来店不要です。

収入証明が必要なケース

1社で50万円以上の限度額の枠で契約をする際には収入証明が必要になります。

消費者金融の場合、50万円以上の審査になると急激に厳しくなります。

取引実績、年収に加え、勤務先の属性状況を踏まえた上での審査になります。

切替方法については、50万円以下と同じようになりますが、審査がとおったうえで収入証明(所得証明書)を提出する必要があります。

総量規制対象外である銀行カードローン(三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローン、セブン銀行カードローンなど)の場合、貸金業法の抵触を受けないので審査の上、自社借入額200万円まで収入証明不要としているところもあります。

それぞれの審査になりますが、増額が必要な場合には、ネットで確認をするか、フリーコールで確認をしてみるのもいいでしょう。

まとめ

消費者金融での50万円以下の増額の審査内容を説明しましたが、大抵の方が問題なくクリアできる条件ではないかと思います。

1つ注意してほしいのは、審査時の契約が10万円で、現金が足りないからと複数者で借入を起こすと、将来的に全ての会社での増額が不可となる場合があります。

条件としては、上記となりますので、高限度額での契約が必要であれば、初回契約を金利が安い銀行カードローンで申し込みをしてみるという方法もいいかもしれませんね。


≪モビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。