プロミスの営業時間は何時まで?24時間営業なの?

キャッシング・消費者金融・カードローン

ATMの営業時間は知られているようで知られていません。

24時間営業はしていませんが、不思議と不便に感じることはないように思えます。

これは、人が使わない時間帯にシステムのメンテナンスをしているからなんです。

詳しくATMの営業時間を確認していくのと同時に、ATM手数料無料で利用できる方法を提案していきますので、確認をしていきましょう。

プロミスの審査方法はこちら

ATMの営業時間は?

キャッシングも返済も利用できるATMは大変便利です。

プロミスのATMなら、残高確認や契約変更までカードで行うことが可能になっています。

消費者金融を利用するに当たって、ATMの営業時間は押さえておきたいところです。

なんとなく24時間営業してそうな感じもしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

プロミスATM

稼働時間は24時間ではなく、AM7:00~PM24:00となっています。

深夜から朝7時まで利用不可となりますが、深夜にATMを利用する機会も少ないとのことから、営業時間はこのようになっています。

気をつけてもらいたいのは、自動契約機とATMの営業時間は違うということです。

自動契約機はAM9:00~PM22:00になっていますので、ATMの方が少し長く営業しているということになります。

ATMの稼働時間は基本AM7:00~PM24:00となります。

後々このポイントが重要になってきますので、覚えておきましょう。

提携先ATM

提携先ATMとは、コンビニなどを含めて、プロミス以外の機械で利用できる場所を指しています。

親会社である三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用することが可能です。

最近はコンビニがATM営業に力を入れていることもあり、プロミスで契約している人も大抵がコンビニ利用となっています。

セブン銀行、ローソンATMをはじめ、ファミマ、ミニストップなどほとんどのコンビニATMで利用することが可能になっています。

銀行では三菱東京UFJ銀行をはじめ、地方銀行では横浜銀行などでも利用が可能になっていますが、大抵のコンビニ入金はセブン銀行かローソンが使われています。

詳しい提携先はプロミスのホームページを確認してください。

提携先ATMの営業時間

コンビニATMはシステム上24時間利用することが可能ですが、元のシステムが作動していない時は利用ができません。

プロミスATMの7:00~24:00以外で提携先ATMは利用できません。

また、提携先の都合により利用できる時間に制限がかかることもあり、営業時間が短縮になることもあります。

利用にはATM手数料がかかります

三井住友銀行以外のATM利用時には都度手数料がかかります。

  • 1万円以下の入出金108円
  • 1万円を超える入出金216円

この金額を毎回負担することになり、利用手数料は次回返済日にまとめて徴収されます。

月に一度の手数料なら問題ありませんが、こまかく出金をされる場合にコンビニATMを利用すると、少しもったいない気もしますね。

コンビニ手数料を無料にできるサービス

少しもったいないなと感じるATM手数料ですが、プロミスはポイント制を開始しており、利用の都度、収入証明を提出した場合、プロミスHPへのログインでポイントを溜めることができ、このポイントで提携先手数料を無料にすることが可能になっています。

ATM手数料を無料にする方法

コンビニで月に4.5回1万円ずつ利用した場合に手数料は432円、これに入金も利用した場合540円になります。

10万円利用した場合の月の利息は1,463円こう考えると月の手数料の1/3を余計に払わないといけない計算になります。

これを圧縮できる方法、無料にできることが可能であれば支払う無駄を削減することが可能です。

三井住友銀行を利用する

三井住友銀行での手数料は無料となりますので、これを大いに利用しましょう。

入出金はプロミスATMか三井住友銀行を利用すれば手数料無料で利用できます。

コンビニATMと比較した場合に台数や場所に制限があるため不便に感じるかもしれませんが、この方法にするだけで手数料をカットできます。

引き落としやネット振り込みを利用する

どうしてもコンビニでないと不便だという場合は、返済を銀行引き落としにしてみてはいかがでしょう。

この方法にすれば、1回分の返済に手数料はかからなくなります。

引き落としにすると都合が悪いという場合には、ネットバンクを契約している人なら、プロミスのホームページ上からインターネット返済をするという方法もあります。

これは、リアルタイムでの返済が可能となっており、手数料無料で振り込み返済が利用できるサービスになっています。

同じように振り込み融資という方法もあり、自分の契約している銀行口座に振り込みで融資をしてもらうという方法もあります。

いずれかの方法を利用すれば、手数料を大幅に削減することが可能となります。

まとめ

プロミスのATMの営業時間は24時間営業ではありません。

また、コンビニをはじめとした提携先の利用には都度手数料がかかります。

プロミスや三井住友銀行のATM台数とコンビニATMを比較した場合には、コンビニの方が台数が多く、便利になっています。

便利さと手数料のどちらを選ぶのかは利用している人の判断に委ねられています。

現状の利用方法を見ていると、コンビニATMで利用される人が多いので手数料負担より便利さに軍配があがっているようです。

同じように利用するにしても、プロミスポイントを溜めておけば、手数料が無料になることもあるので、収入証明の提出や、ポイントを溜める方法を熟知しておくのもいいかもしれません。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。