ATMでキャッシングの一括返済は可能?

キャッシング・消費者金融・カードローン

多機能が揃っているプロミスのATMでは完済も可能になっています。

しかし、硬貨の取り扱い不可となっているため、千円未満の残高についての入金は少しコツが必要です。

今回はその方法と、完済後の利用方法について確認をしていきましょう。

すべてのATMで一括返済は可能です

プロミスATMのみならず、全ての提携先で一括返済をすることが可能になっています。

ATMの最少取り扱い金額は千円単位となっていますが、有人店舗に来店する必要もなくATMで一括返済をすることは可能です。

銀行ATMは硬貨投入が可能になっていますが、プロミスの取引を開始すると硬貨取り扱い不可です。

そのために千円未満の金額については、一旦切り上げた金額で入金手続きをする必要があります。

500,010円が残高の場合には501,000円を入金して完済扱いとなります。

預けた990円は銀行振込による方法で返却してもらうか、次回利用時10,000円を借り入れした場合に、残高が相殺されて9,010円が借入残高というようになります。

店頭窓口や銀行振込による方法で完済可能

この方法が一般的と言えるかもしれません。

店頭窓口は拠点数が少なく、あなたの住んでいる場所や都合の良いところにあるとは限りません。

そのため銀行振込でお金を振り込んで清算するという方法が多く、このような場合でも1円単位で入金をすることが可能です。

銀行振込で清算する場合には、フリーコールに電話か、ネットで確認をして、残高と振込先を確認して、自分の名前で手続きをしましょう。

たまに代理で身内の人が振込をされるケースがありますが、代理人の母の名前で振り込んでくると、誰の分で振込をしてきているのかわからないため、入金処理がされません。

振込の場合は、この点に注意をしましょう。

ATM完済の場合は電話連絡をしましょう

ATMでは硬貨の取り扱いができないことから、一旦多めの金額を入金する必要があります。

また残高を確認する場合、前回入金した明細書を参考にしても、その日から日割り分の利息の計上があるため、金額が大きく変わります。

50万円利用している場合の月の利息は7,000円前後になりますので、その分を上乗せする必要がありますが、フリーコールに連絡をする、ネットで残高確認をすることで当日の総額の返済金額が確認できます。

間違いがないように、清算前に確認をすることをおすすめします。

一括返済した場合の金利はいくらかかるのでしょうか

入金した明細書を確認すると、元金と利息の内訳の記載があります。

一括返済をする場合には、どれくらいの金利分を支払えばいいのでしょうか?

この場合、前回入金した金額の後の残金に17.8%を日割りで計算したものが計上されるだけになります。

元金が500,000円あるとします。前回12/1に入金して、完済予定日が12/20だとしましょう。

利用期間は19日となります。

500,000円(利用金額)×17.8%(利息)÷365(1年)×19日(利用日数)=4,632円

12/20には504,632円を支払えば一括返済ができるということになり、ATMで入金する場合は505,000円を入金すれば大丈夫ということになります。

明細書に記載の完済までの金額は690,000円と記載があります

これは毎月プロミスが定めている返済金額を毎月入金していくと、このような返済計画になりますよ、という返済シミュレーションに基づく返済金額合計になります。

貸金業法に基づく対応なため、特に気にしないで大丈夫です。

一括返済後、再度利用することも可能です

プロミスの契約は限度額契約(包括契約)というものになっており、定められた限度額の範囲内であれば、入出金自由な契約になっています。

そのために完済した後でも、利用の予定があればカードで引き出しをすることが可能です。

取引次第では利用不可の可能性もあり

取引中に30日を超えるような延滞をした、プロミス以外の他社で60日を超える延滞をしている。

このような取引上、良好と言えないケースで完済した場合には、再利用することができない可能性があります。(※30日延滞、60日延滞というのは例で、これ以下の延滞でも利用不可になるケース有り)

代位弁済による完済は次回利用不可です

入金は大きく3種類に分かれます。

  • 本人が入金をする方法
  • 代理人(家族等)が入金する方法
  • 代位弁済者(家族等)が入金する方法

本人、代理人の場合は、本人のお金で返済をしているので次回利用可能となりますが、代位弁済とは、家族にプロミスの利用がバレて心配した親が完済するというパターンの時です。

あるいは、本人が退職などの事情で返済できる余力がなく、代位弁者が返済するというケースがあります。

代位弁済者に返済義務はないのですが、希望による返済は受け付けており、経緯が経緯だけに再度利用してもらうのは道徳上良くないという理由から、再利用はさせない方針を取っています。

まとめ

ATMでの完済は問題なくできるということになります。

利用や返済方法は以前と比べると多くの方法が増えていますので、完済時にも困ることはないでしょう。

不明点や確認したい事項については、プロミスのフリーコールに連絡をして質問をすれば、オペレーターが答えてくれます。

気になったことは、そのままにしないで、質問をしてみるといいでしょう。


≪モビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。