再発行に審査はある?再発行に必要なものとは?

キャッシング・消費者金融・カードローン

プロミスでカード再発行をするためには審査は不要となります。

契約自体は残っているので、カードの再発行の手続きをすれば良く、自動契約機に行けば5分前後の時間で手続きは終わります。

カード発行については、手数料が数百円ほどかかり負担するようになります。

しかし、再契約の場合には審査が必要となってきます。

今回は、この2つの状況を踏まえて内容の比較、一番面倒にならない方法の提案をしていきたいと思います。

プロミス審査について

再発行の場合は免許証のみでOK

  • 財布ごとカードを無くした
  • 車上荒らしにあって、カードがなくなった
  • プロミスカードだけ紛失した

このように場合、カード再発行には審査は不要です。

まず、はじめにやってもらいたいのは、フリーコールに連絡をしてカードを紛失した事実を伝えてください。

紛失の際はまず連絡を!

第三者に利用されていないか、最終の取引は自分がしたものかどうかの確認をする必要があります。

カードがない場合は、連絡先番号がわからないと思うので、電話番号登録をしておくか、ネットでプロミスのホームページにアクセスして、連絡先番号から電話をしましょう。

カード紛失の連絡をすれば、その場でカードを利用停止の状態に操作します。

この連絡は24時間電話で受付可能となっています。

再発行の場合は、最初にこの手続きをおこなってください。

再発行は来店か郵送

問題がなければ、ここで再発行となります。

カード再発行は審査不要です。

カードだけの発行になりますので、近くのプロミスの自動契約機か、郵送による再発行という方法になります。

郵送だと再発行まで時間がかかります。

すぐに借り入れが必要な場合には困ってしまうでしょう。

自動契約機へ来店だと、その場で再発行されますので、追加で利用したい場合、返済日が近い場合でも問題はないでしょう。

銀行のカード再発行は、郵送になるため時間がかかりますが、この点でもプロミスは即対応をしている会社であると言えます。

審査が必要な場合もある!?

カードの発行については審査不要ですが、再契約をする場合には、審査が必要となります。

再発行と再契約は全く違うものとなります。

再契約とは、すでに解約をしている状態で、新たに契約をすることを言います。

  • 一度カードローンを解約した
  • 完済してから相当期間経過している
  • おまとめローンを完済していて、契約がない

この場合は、改めて審査が必要となってくるため、扱いとしては新規契約時と同様になります。

必要なものは?

この場合は、本人確認できる運転免許書が必要になります。

また、アコムやレイクなどで借り入れをしている場合には、総量規制の絡みもあるので、収入証明が必要になることもあります。

借入限度額も同様に審査されますが、前回の金利が安くなっている場合、金利は以前ものを引き継ぐことが多いようです。

勤務先への在籍確認も新規契約同様に行われますし、審査結果次第では契約不可となることもあります。

ネットで仮審査も可能

すでに契約がない人は、再申し込み扱いとなるので、ネットで事前申し込みをすることも可能です。

プロミスのサイトから申し込みボタンをクリックして、申し込みフォームの入力をしていきましょう。

事前準備するものは、本人確認書類を送る必要があるので、写真で自分の免許証を撮影しておくと、スムーズに手続きが進みます。

プロミスのサイトから、申し込みにすすみ、本人確認書類はアプリ等で提出すれば、あとは審査結果のメールの来るのを待つだけということになります。

カードローンはできるだけ解約しない方向で!

カードローンは限度額の範囲内で自由に出し入れができる便利なカードです。

便利すぎて、利用しすぎてしまう点も指摘されますが、急な出費や今月の生活費が足りないというときには、非常に重宝するカードです。

利用と同時に計画性も重要になります。

あっという間に20万円、30万円借り入れている状態ということもあるので、本当に計画的に利用したいものです。

しかし、一度解約をしてしまうと、再度審査が必要となります。

ここで1つ提案があります。

カードだけ廃棄、契約は残す

完済をしたときの対応方法になりますが、1つ提案したい方法があります。

カード再発行には審査が不要ですが、再契約には審査が必要となり、かかる時間も再発行なら、5分、審査の場合、小1時間かかります。

解約をしなくても、カードを廃棄するだけで同じ効果となります。

このようにしておけば、必要時にはカード発行だけで利用可能ですし、使いたいときに時間もかかりません。

利用予定がなければそのままになりますし、数年利用予定がなければ、そのまま電話だけで解約の手続きを取るという方法も可能です。

まとめ

このように、再発行と再契約の場合だと、内容自体が全く違う内容となり、利用するときにもかかる時間が全然違うものとなります。

提案のやり方も解約と同様の意味合いとなりますので試してみてください。

プロミスでの利用は、借金の契約になりますので、利用の際は計画的にすすめていきましょう。


⇒カードローン会社に勤める専門家から見てスペックが良いのはプロミス(土日祝日も可能)



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。