主婦も申し込み可能?専業主婦は落ちる?

キャッシング・消費者金融・カードローン

主婦と専業主婦は似て非なるものと言えるでしょう。

理由はパートなどの収入がある場合を主婦、全く仕事をしていない場合を専業主婦と分類した場合に、契約の可否が大きく分かれます。

専業主婦は借り入れできないと思っている人も多いと思いますが、借り入れのできる方法はあります。

今回は、専業主婦の借り入れ方法から、貸金業法の規制を含めて説明していきます。

また、プロミスの場合、主婦の契約をどのように扱っているのでしょうか?

確認をしていきましょう。

プロミスの審査の詳細について

専業主婦の契約は非常に限定的です

2010年6月18日貸金業法が完全に施行されました。

これ以前の専業主婦の契約は、夫の勤務先を届け出れば、借り入れの契約をすることが可能でした。

契約時には、旦那の勤務先に連絡する必要もなかったため、事実上、本人の信用情報のみで審査をしていました。

  • 貸金業法の規制が強化されました

ここに大きくメスが入り、専業主婦が消費者金融で契約する場合には、配偶者の同意を得ないといけなくなりました。

このため、専業主婦が借り入れをしたい場合には、夫に内緒にできなくなり、配偶者の年収の1/3が借り入れの上限とされる内容となっています。

  • プロミスで専業主婦の契約は不可!

このためプロミスを含め、アコム、アイフルなどの大手消費者金融は、専業主婦の契約を否決するという方向に転換しています。

契約までの手続きがとても煩雑になったということと、消費者金融の利用を内緒にするという人が多い中、旦那さんに承認をもらって契約をするというのは、非常に難しいと判断したためです。

専業主婦の契約は中堅消費者金融であれば可能

大手が契約をしない方向性を取れば、フクホーなど中堅と呼ばれる消費者金融が名乗りをあげます。

審査においては、かなり緩く総量規制に抵触しない範囲での契約であれば容認しているようです。

  • 同意を得ないといけない
  • 配偶者の収入、年収の1/3が上限
  • 夫がブラック(金融事故者)であれば契約困難

このように厳しい状況となっています。

また、この規定は消費者金融系のカードローンのみならず、クレジットカード会社も同じ法律が適用されていますので(ショッピング契約は適用されない)申し込みの際は注意が必要となります。

  • 全く契約不可なのでしょうか?

サラ金というような会社は、貸金業法のしばりにより、このような対応を取らざるを得ませんが、銀行ローンなど、銀行カードローンは、専業主婦の契約をウェルカムにしているところが非常に多いのが大きなポイントです。

  • 専業主婦と主婦は似て非なるもの

パートで仕事をしている、派遣登録をしていて、週に2.3回ほど仕事をしている。

このようなケースでは、専業主婦と大きな違いがあるのです。

このように専業主婦と、仕事をしている主婦とでは大きく変わります

少し変な気もしますが、これは貸金業法の穴と言わざるをえないでしょう。

自分で仕事をしている主婦は本人勤務とみなされ、夫の承諾を得る必要もなく、自分の信用情報だけで審査をすることが可能となります。

詳しく見ていきましょう。

本人勤務がポイント

専業主婦は大変です。

家事、炊事、子供の送り迎えに家計のやりくりなど。

しかし、貸金業法は、専業主婦を無職と同等に扱うようになったのです。

このため、借り入れを起こす際には、自分がパートなどの勤務をする必要があります。

自分で働いていれば、給与所得者という扱いになるため、消費者金融やクレジットカード会社での契約、カードを受け取ることも可能となります。

  • 審査は通常審査と同様

キャッシングの審査は通常と同じ内容となり、総量規制の範囲は、自分の年収の1/3が上限となります。

会社への在籍確認も同じように行われますし、旦那さんに内緒でカードを作ることも可能です。

しかし、パート収入の場合だと、年収を103万円か130万円以内に抑えて仕事をしているケースが多いでしょう。

このため、年収の1/3までに借り入れ額を制限する総量規制により、借り入れのできる限度額は30万円~40万円ほどが平均的な限度額となってきます。

  • 総量規制について説明します

1社での借り入れが年収の1/3ではなく、総額での借り入れ額が、年収の1/3が上限になります。

ローン会社は、情報の共有を行っていて、3か月に1度、借り入れ額の調査のため、信用情報センターを通じて行うのが義務になっています。

ここで、年収の1/3を超過していることが確認された場合には、追加の利用枠があったとしてもストップします。

このように借り入れ後も制約がかかるようになるので、計画的な利用を心がけましょう。

まとめ

プロミスの流れというよりは、貸金業法の説明となってしまいましたが、他社も含めて同じ対応となっています。

このため、主婦は契約可能で、専業主婦は契約が困難という結論に達します。

この規制は、貸金業者と呼ばれる、銀行以外のお金の貸し借りをする業者に適応される規制となっており、銀行カードローンは反対に、専業主婦ウェルカムとしているところもあります。

例えばショッピングサイトで有名な楽天、ここの展開しているカードローンは専業主婦でも契約可能としていますし、三菱東京UFJ銀行のバンクイックも専業主婦上限30万円で契約を可能としています。

専業主婦でも借り入れのできる方法はあります。

どうしてもキャッシングは必要な場合は、返済計画を立てた上で、申し込みをしましょう。


≪モビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。