消費者金融の返済方法と返済回数について

キャッシング・消費者金融・カードローン

返済方法と返済金額について詳しく確認をしてきましょう。

入金後の利用明細書からは見えてこない、返済回数についても考えていきます。

計画的な利用は、健全なお金のバランスを作る上で重要な要素となります。

プロミスの返済金額は少額設定です

消費者金融の返済を考えた場合に、安い!と感じる人が多いのではないでしょうか?

返済金額の設定は5万円を借りた場合に2,000円だけでよく、50万円を借りた場合でも13,000円が最少返済金額となり、ATM画面上にもこの金額が表示されます。

これはプロミスの最少金額の設定式が低いことに起因します。

  • 借入金額30万円以下の場合は借入額×3.61%
  • 借入金額50万円~100万円までは借入額×2.53%
  • 100万円を超える場合は借入額×1.99%

この計算式だけだとわかりにくいと感じるので、アコムと比較してみても、50万円以下で2,000円ほど返済金額が安くなっており、100万円を超える契約の場合だと15,000円ほど返済金額が少なくなっています。

返済が厳しい場合には利息以上の入金でOK

返済金額が少ないプロミスですが、毎月の返済が厳しい場合には、利息以上の入金でも受付可能です。

50万円を借りた場合で考えてみましょう。

借入金額が50万円であれば、返済金額は13,000円ですが、月にかかる利息は7,315円です。

この場合、最少8,000円以上を入れれば、入金は成立します。

返済金額が少額のデメリットを考えましょう

借りる場合は多く借りたいけど、返済は少なくしたい。

これは心理ですが、返済金額が少ないということは、返済金額が長くなるというデメリットもあります。

少額の返済金額だと、元金充当額が少なくなるので、完済までの回数がどうしても長くなります。

50万円を返済した場合で考えます

プロミスで50万円を借りて、完済するまで返済のみを継続した場合で考えます。

設定されている返済金額は13,000円が最少金額です。

返済回数は60回となり総額の返済金額は758,520円です。

アコムやアイフルで50万円を借りた場合の返済金額は15,000円です。

この金額で17.8%の金利で計算すると、返済回数は48回、総返済金額は702,480円です。

キャッシングの利用は、毎回の返済金額や次回返済日のみを確認する人が多く、返済回数まで気にしている人は少ないですが、わずか2千円の入金の差で5万円ほど返済金額が減少しますので、都合が良いときは少しでも多めの入金を心がけましょう。

一括返済も可能です

クレジットカード系の返済は銀行の引き落としになることが多く、一括返済をすることができないと思っている人が大半のようです。

正式なことを言うと、電話連絡をすると振込先口座を教えてくれて完済することが可能ですが、手続き方法が面倒というのが正直なところではないでしょうか?

プロミスの一括返済であれば、ATMを利用して完済をすることが可能です。

事前の連絡も不要で、残りの金額をATMに入金してしまえば完済となります。

カードを持っていれば、再度限度額の範囲内で利用することも可能ですし、最近はカードレスでもプロミス会員ページより振込で自分の銀行口座に振込融資をしてくれるサービスも充実しています。

毎月の返済金額も都合に合わせて多めの入金も可能です

消費者金融カードの良いところは、銀行引き落としの入金を利用している会社が少ないですが、返済金額は都合の良い金額で入金をすることが可能というところです。

返済に専念しよう!と思ったときにATMで入金額を決められますので、電話連絡などの必要がないことは魅力的です。

プロミスの返済金額のように、返済金額は少ない方が良いと思う人も多いでしょうし、都合が良いときに多めの入金が可能なのがプロミスの使いやすさで、お金の都合は、毎月の収支によって変わるので、自分の都合に合わせてくれるのは魅力的です。

入金方法の多さもプロミスならでは!

基本的に借り入れ、入金はプロミスATMやコンビニATMを利用する人が大半です。

最終回の入金は千円未満の端数もあるので、銀行振込や店頭窓口などで入金をする人が多いですが都合の良い方法を選択することが可能です。

毎月の利用、返済も銀行振込を介して手続きをすることもでき、インターネットバンキングを利用すれば、手数料無料で手続きをすることも可能になってきます。

詳しくは各銀行のインターネットバンキング利用方法を確認してみてください。

まとめ

今回は、プロミスのデメリットになる部分についても説明をしました。

カードローンは、限度額いっぱいまで利用している状態になる、いわゆる張り付きになることも多く、返済金額を気にする人が多くても、回数まで気にする傾向が少ないことも事実です。

少しがんばって多めの入金を心がけることで、返済回数が12回少なくなりますし、張り付きの状態を作らないことで、急な出費がある場合にも柔軟に対応が可能です。

できるだけカードローンに頼った生活をしない方法が健全な家計、健全なこづかいのやりくりになるでしょう。


≪モビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。