会社に在籍確認の電話連絡はある?在籍確認を回避する方法

キャッシング・消費者金融・カードローン

プロミスをはじめ、消費者金融で借り入れ(融資)を申し込む場合には、在籍確認の電話連絡があります。

キャッシング・消費者金融・銀行カードローンでの契約時には必要不可欠な確認とされているもので、基本的に在籍の確認が取れない場合には契約が断られるケースも珍しくありませんでした。

最近はこの在籍確認の方法も変わってきています。

今回は、プロミスの在籍確認の理由と確認方法。

また、電話連絡を回避する方法の説明をしていきます。

不安に思うことは、事前に確認をした上で安心して契約に臨みましょう。

プロミスの在籍確認

在籍確認の意味

電話で在籍確認をする理由についてですが、大きく2つの理由があります。

  • 現在、働いているのかの確認を第三者から確認する。
  • 収入証明書の代わり。

これを確認するための審査事項となりますが、連絡するときには、プロミスの社名を名乗ることはなく、受付をしてくれている担当者の個人名で、あなたがその職場にいるかの確認をします。

確認方法は?

「私、○○と申しますが、そちらにお勤めの△△さんお願いします」

ネット契約の場合であれば、仕事をしていることもあるでしょうから、直接話す機会もありますが、本人がいなければ「外出中です」「本日戻りません」「休みです」このように確認が取れれば、在籍確認は終了です。

在籍の連絡はトボける人がほとんどです

プロミスと言わないで電話をしてきていますし、営業の電話のようにも思われます。

もし会社の人に「○○さんから電話があったよ」と言われても、「知らないなぁ」とトボけておけば、そこで終わりそうな話ではないでしょうか?

あえて、「プロミスでお金借りるから、それの連絡なんですよ」と言う必要もないですし、知らん顔で大丈夫でしょう。

消費者金融をはじめ、銀行カードローン、クレジットカード会社などお金を借りるような会社であれば、勤務先への在籍確認の電話連絡は必須です。

在籍確認を回避する方法

最近は在籍確認を回避する方法があります。

条件はありますが、

  • 会社から発行されている一番新しい給与明細を提出する。
  • 社保、組保のような会社から発行されている保険証の持参をする。

これを持っていくことで、在籍確認の代わりとしてくれるケースが多いです。

冒頭で説明のとおり、在籍確認の意味合いは、客観的に今現在仕事をしているかどうかの確認が必要だということだからです。

上記2つの書類は今現在、在籍をしていなければ取得することができないものであることから、これらを用意することで在籍確認の代わりにするという柔軟な対応をしてくれているのです。

また、勤務先への電話連絡は非常に困るんだ!ということを訴えて、これを持ってきたから在籍確認なしで審査してほしいと説明をしてみましょう。

場合によっては、上記2点の書類がなくても柔軟に対応をしてくれる可能性もあります。

在籍確認が取れない場合は?

仕事も多種多様ですので、

  • 終日外現場で仕事をしている
  • 個人情報の関係で本人の在籍を教えることはできませんと対応する会社
  • 派遣社員で登録先へ連絡してもわからない、現場も都度変更
  • 勤務先がコールセンターなどで在籍不明と言われる

多くのパターンがあります。

在籍確認不可で断られる?

在籍確認がグレーな回答だったため断られるということはありません。

客観的に判断して、「大丈夫そうだな」と思われればOKとしているケースがほとんどなんです。

何を基準に大丈夫そうだと思われるのか?

これは申込者本人(利用者本人)の申し込み中の受け答えや、自宅や勤務先のヒアリングをされた場合の回答姿勢です。

来店の場合に限ったことではありますが、自動審査とは言え、審査しているのはプロミスの社員です。

第一印象の誠実さや、この人なら問題ないでしょう、という相手に与える印象で在籍確認が適当でもOKとされるケースは実は非常に多いのです。

誠実な印象とはいえ、ピシっとスーツを着ていく必要はありません。

感じのいい人であれば問題ないと言えます。

申し込みをされる人の中には、申込書を殴り書きで適当に書く人もいますし、ヒアリングされると面倒くさそうにする人もいます。

このような場合、人物不可との理由で限度額が下げられたり、在籍確認がしっかり取れるまで利用ができないようになったりという措置が取られる場合もあります。

まとめ

会社へ個人名の連絡が問題なければ、気にすることはないでしょう。

また、勤務形態により在籍の確認を取ることが難しい人の場合は、事前にその旨を伝えた上で申し込みをすれば、状況に応じた対応をしてくれます。

来店のケースを想定しましたが、ネット申し込みの場合にも、気になる点は事前に伝えて、審査が可能か確認をしたほうがよいでしょう。

大抵なんとかなります。

ネット申し込みの場合、補足で何か書類を確認させてくださいと言われるケースがあるかもしれません。

社員証、源泉徴収票、収入証明書、健康保険証など手元にあるもので何か補足書類を求められた場合には、それに応じるようにしてください。

審査がスムーズにいくはずです。


≪モビット≫WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし☆



実は全国対応!圧倒的な金利!最短30分スピード審査!(営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります)

SNSでもご購読できます。